先生にもあげる?

先生卒園アルバムは先生にも渡した方が良いのでしょうか。もちろんこれは子供たちと先生との関係性、あるいはそれまでの親の皆さんと先生との関係性にも関わることでしょう。しかしながら全体的に行って先生にも卒園アルバムをプレゼントすると大変喜ばれることでしょう。先生にとっても子供たちを送り出すことは非常に感動的な瞬間に違いありません。そしてその子達と過ごす期間は先生にとってももう二度と戻ってこないのです。そのような大切な期間の節目として卒園アルバムを先生にプレゼントすることはとても感動的な一時になることでしょう。

とりわけ先生に感動してもらうサプライズにするために、プレゼント用の卒園アルバムには親の皆さんからのメッセージを添えるという点もおすすめです。生徒と同じ卒園アルバムである必要はありませんので先生用の卒園アルバムだけはみんなで手作りして心のこもった一冊を作るということでも良いでしょう。そのような感謝の気持ちを表すことは、お互いにとって幸せな思い出となります。手作りで卒園アルバムを作る際にはそれに必要な様々な道具がセットになったものも販売されていたりもしますので、色々と企画の際に案を出し合うと良いでしょう。

予定は早めに

卒園まではまだまだ時間があると思っているとあっという間に卒園の時期になってしまいます。ですから卒園アルバムを中心となって作成する立場になった場合には、出来る限り早め早めに予定を立てておきましょう。まずは予算と制作期間を始めにしっかりと定めておくことが助けになります

発注そうすることによって卒園アルバムが完成するまでに何をしなければいけないのか、何にお金がかかるのか、そしてそれぞれの工程ではどれぐらいの期間が必要となるのかという点がはっきりとします。また予算をしっかりとさせることによって卒園アルバムに関係する方々から十分な費用の徴収を行うことも可能となります。

卒園アルバムにどのような内容のイベントの写真を載せるのか、どのような企画を設けるのかといった点もしっかりと考えておく必要があります。さらに手作りで卒園アルバムを作るのか、それともプロの業者に卒園アルバム作成の発注を依頼するといった点も大切です。このようなことをなるべく早めにしっかりと定めておくことによって混乱の少ないスムーズな製作が可能となるでしょう。そのために助けとなるのがだいたいのイメージともなる見本を作ってみるということです。こうした見本をたたき台としてさらに良い卒園アルバムの作成ができるようになるかもしれません。

先生にもあげる?

卒園アルバムの作成で注意すべき点

卒園アルバムを作成する際に注意すべき点として、みんなの写真の掲載率が出来る限り平等になるという点です。子供によっては非常に目立つ子供もいますし、あまり目立たない子もいます。イベントなどで張り切る子はそれだけ写真に写っていることも多いでしょう。そのような良い写真を重視しすぎると結局目立っている子ばかりが写っているということにもなりかねません。

卒園卒園アルバムは卒園する子どもたちがこれからずっと持ち続け時々懐かしく振り返るものです。そのような卒園アルバムですので一人の子供だけが目立ってしまっているという内容を避けることが望ましいでしょう。実際のところ写っている子供に偏りがあるというわけでクレームになってしまうことも少なくないのです。

このようなクレームを避けるために卒園アルバムによってはあらかじめそれぞれの生徒が好きな写真を選べるような空欄のページを残しておくという方法もあります。このようなスペースに自分の好きな自分の写真をしっかりと掲載しておくことによって、アルバムとしても整理することはできますし自分だけの卒園アルバムを作るという楽しさも味わうことができるでしょう。しかしながらこの方法は業者にアルバムの作成を発注する場合にはなかなか実現することができませんので、基本的には手作りで作る卒園アルバム作成の際に有効な手段かもしれません。もしも印刷などを業者に発注する場合には事前にできるかぎり写真の写り方にムラがないかどうかをチェックすると良いでしょう。

予定は早めに